私的年金確保が豊かなセカンドライフの秘訣

生まれてしまった「空白5年」をどう乗り切る?

年金受給開始年齢の5年の遅れ

年金の受給開始年齢は60歳から65歳へと変更されました。一般的な定年は60歳ですから、ここに退職した60歳から年金の支給が開始される65歳まで5年の空白期間が生まれます。

年金の支給開始年齢が65歳以降になる方

男性:昭和36年4月2日以降に生まれた方
女性:昭和41年4月2日以降に生まれた方

5年間で必要な金額は1,500万円

総務省の調査によると、退職後にかかる生活費は月に約25万円。また財団法人 生命保険文化センターの調査によると、ゆとりある暮らしには月に約37万円が必要だということが分かっています。このことから空白の5年に必要な生活費を計算してみると……。

月額25万円×12ヶ月×5=1,500万円 月額37万円×12ヶ月×5=2,220万円

このような結果になりました。最低でも1,500万円は確保しておきたいところですが、皆さんはどうですか? きちんと確保できますか? 退職金と貯蓄で賄うことはできますか?

検討しておきたいコインランドリービジネス

ゆとりあるセカンドライフについてお考えの皆様に、ひとつご提案があります。それは、本部が出店から経営までしっかりサポートしてくれるコインランドリービジネス。FCオーナーという立場となるので、最初からビジネスの枠組みができていて安心です。すでに一定以上の利益が上がっているという実績がある、安心のビジネス形態です。

コインランドリービジネスで、ゆとりあるセカンドライフの礎を築きませんか?