コインランドリー「ふわふわ」はこれからも発展していきます

確かなニーズがあり、これからも成長が見込めるコインランドリーという分野。

コインランドリー経営は刻一刻と変化する周囲の環境に対応しやすいビジネスです。
人を住まわせるアパートやマンションと違い、人の意向を気にしないで増築・撤退が容易にできることが強みです。
また、撤退する際も現金化しやすい点が強みといえるでしょう。
既存のオーナーが新しいオーナーに変わっても、機械が働くビジネスですので、利益率が変わらないことが特徴です。
利益率が変わらないということは、利回りで店舗売買ができます。

表面利回り
収益 約1200万/年 ÷ 投資額3400万×100=35.3%
3~4年で元手を超える試算です。

実質利回り
NOI(正味稼動利益) 約700万/年 ÷ 投資額3400万×100=20.5%
5~6年で元手を超える試算です。

※NOIとは?=事業の運営には実に様々なコストがかかりますが、
それらコストを実際の収入から差し引いた、正味の利益ということです。
NOI=収入-(水道光熱費、修繕費など)

私たちトリオマネジメントがコインランドリーのFC事業を展開してから、そう年月は経っておりません。しかしながら、現在(2016.1)では関東エリアを中心に直営店29店舗、FC54店舗にまで広く展開することができました。これは一時的な流れで成し得たものではありません。約4万店舗の大型ランドリーが存在しているアメリカのように、ここ日本においてもコインランドリーの需要が高まっている証拠なのです。

地域のニーズに応えることは、入念なリサーチ・マーケティングを行えばそう難しいことではありません。確かなニーズがあり、今後も成長が見込めるコインランドリーという分野に、あなたも大型ランドリー「ふわふわ」のオーナーとして参加してみませんか? 本部がしっかりとサポートさせていただきますので、FC経営がはじめてという方もご安心ください。

メールの方はこちらをクリック